【生き方】ネガティブをポジティブに変える!僕はこうやって生きてきた

~いつも答えはひとつじゃない~

こんにちは。

現在西アフリカのセネガルで学校建設、
そして今後マダガスカルで
日本語学校の設立を目指している森林です。

まずはじめに今回は、今悩んでいたり壁にぶつかっている方、
生きにくいな~と思っている方に向けて、少しでも何かヒントになればいいなと
思い、僕がこれまでどんなマインドで生きてきたのかを書かせていただきたいと思います。

 

僕は今、HOPE SQUAREという団体をセネガル人と立ち上げて活動しています。

 

HOPE SQUAREとは?

簡単に言うと主に教育を通して貧困の改善や、
多文化共生の実現に向けて活動している団体です。

(そういえばセネガルでNPO法人の申請をしてるんだけど、
まだ返事がないな~さすがセネガル!(笑))

 

まぁそれはおいておいて…

 

こういう活動をしてると、ほぼ100%で言われたり聞かれることがあります。

 

それは…

 

『JICAじゃないんですか?』

『JICAは考えたことないんですか?』

『JICAに参加すればいいじゃないですか!』

 

そんなこと言われなくてもわかってるわ!!!

 

と、心の中でいつも思うんですが…(笑)

 

JICAとは?

  • 国際協力機構

政府開発機関の一つで、
開発途上地域の経済及び社会の発展に貢献し
国際協力の促進を目的としています。

 

青年海外協力隊。

それは僕の中学生の頃の夢でもありました。

 

【先生になって途上国で子どもたちと関わること】

 

僕は普通の子ども達よりも、
貧困や虐待、ストリートチルドレンなど
より困難な環境にいる子どもたちに関心があります。

 

じゃあなぜJICAに参加しない選択をしたのか?

 

僕がJICAを選ばなかった理由

  1. 本当にやりたいことは何かを考えた結果

中学生の頃は、
先生になって途上国で指導したいと考えていました。

 

しかし日本で子供と関わる仕事をしていくうちにこんな事を思うようになります。

 

『教えるの向いてないし好きじゃないな』

 

僕は何がやりたいのかよく考えた結果、
現場で子どもたちに直接指導するというよりは、
『子どもたちの居場所、環境をつくってあげる』ことでした。

 

  1. 健康面の問題

僕はずっと大人になったらJICAに参加したい。
国際協力=JICAくらいに思っていました。

 

でも社会人になり健康診断をしたときのこと、
心臓の問題で引っかかり、不整脈との診断を受けました。

 

不整脈でもいろいろあるらしく、
僕の場合は命に別状はないものだったのですが
その後、心臓の調子が悪くなり、
病院に行ったところ心臓が大きくなってると医師からの言葉。

 

他の病院でも検査した結果、結局命に別状はないとのことでした。

 

ただ定期的に病院に行っています。

 

自己嫌悪の時期

JICAも選択肢に入れていた自分にとって、

 

『自分は誰かの役に立ちたいと思ってもそれも出来ないのか』

『自分がやりたいことすら出来ないのか』

 

これまでは金銭的な理由で諦めてきた自分にとって、今度は健康面かと…

 

その当時は結構落ち込みました。

 

発想の転換

しかし次第にこんなことを思うようになります。

 

これまで自分でお金を貯めて一人で途上国をまわり活動してきた。

その時間とお金をかけて、
自分の命を削って得た経験、出会いは財産のはず。

それを無駄にするのはもったいないな。

 

それに誰にでも出来る事じゃないよな、
その行動を起こした自分を
もっと肯定してあげよう。

 

確かに健康面で問題はあるかもしれない。

 

でもそれが原因でどこかに属せないなら自分で立ち上げればいいんだ。

 

途上国に移住は出来なくても、出来ることはあるし
行ったり来たりという形でも活動は出来る。

 

それまではどこかの国に移住することも視野に入れていたので、
それも無理だな~と悲観的に思っていましたが、
他にいくらでも方法はあるという結論にたどり着きました。

 

●答えはひとつじゃない

上記で書いたこと以外にも例えば…

 

  1.     入りたかった会社に落とされる⇒きっと他の会社に入れってことだな
  2.     好きな子にフラれる⇒縁がなかったんだな

 

などなど…

 

これまでは
何か起こると落ち込んだりすることもありましたが、
全て、なるようになる。縁がすべて。

 

と思うようになりました(笑)

 

ある程度は自然の流れに身を任せて無理をしない。

 

もともと、楽観的な性格でしたが
これまでの途上国での経験の全てが僕をよりそうさせたのかもしれません。

無理にポジティブに変える必要はない

とはいえ…人それぞれ性格や考えもありますから
無理にポジティブになるのもしんどいという時もありますよね。

 

僕もそういうときもあります。

 

そんな時は、とことん落ち込んで何もしません。

 

何も考えません(笑)

 

人生、立ち止まることも、後ろを振り返る時もあったっていいと思うんです。

 

いやなことがあっても、ついてなかっただけマインドで乗り切ろう

僕の大好きな曲の1つに『BAD DAY』という曲があります。

 

↓以下、和訳一部抜粋↓

一番大切にしていた瞬間はどこにいったのだろう?

 

みんなは君の心の中の青空が曇っていく
情熱もどこかに消えてしまったというけど

 

これ以上頑張らなくてもいいんだよ

 

君は言う  人生がうまくいかなくて
打ちのめされることばかりだと
そんなに頑張り続ける必要なんてないさ

 

ときどき世界がおかしくなって
何をやってもうまくいかないことがある
もう取り返しがつかないかもしれないよね
でもうまくいくこともあるかもしれない
きっとうまくいく
僕は間違ってないはず

 

今日はついてない日だったね
こんな日は君の好きなものを見ようよ
どんな気分になるのかな
もう一度感じみて
今日はついてなかっただけ
そう、ついてなかっただけさ

 

ありのままでいい。

自分のダメな部分も受け止めて肯定してもいい。

立ち止まってもいい。

 

そんな風に思わせてくれる曲です。

 

さいごに

生きていると、
いろいろなことが起こるしいいことばかりではないですよね。

 

でも何かいやなことがあったり壁にぶつかったとしても、
ちょっとした発想の転換で、
楽に生きやすくなるのではないでしょうか?

 

今回は、今悩んだり
壁にぶつかっている方のちょっとしたヒントになったらいいなと思って書きました。

 

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)