【教育】時代はIQよりもEQへ。今注目されている心の知能指数EQとは?

~IQはもう古い?これからの時代を自分らしく生きる為に~

こんにちは。

 

いきなりですが、あなたはEQというものをご存知ですか?

 

僕はなんとなくしか知らなかったのですが、
個人的に漠然とIQよりも
EQのほうが大事なんじゃないかなと思っていました(笑)

 

IQ、EQとは?

IQとは、学力や記憶力などの知能指数のことをいいます。

 

それに対してコミュニケーション能力や
セルフコントロール、忍耐強さなど
潜在能力の事をEQ(心の知能指数)といいます。

 

頭の良さを表すIQよりも、生きていく上で必要だったり
社会的な成功に繋がりやすいという研究結果も出ているそうです。

 

また、文部科学省の学習指導要領では『生きる力』という表現がされています。

 

EQもいろいろあるのですが、
仕事や生きていく上で特に重要とされているEQは次の5つです。

 

  • 好奇心(新しい知識や経験を追い求める)
  • 勤勉性(物事に真面目に取り組み、努力する)
  • コミュニケーション力(積極的で交渉などが円滑に進む)
  • 協調性(仲間と協力し、共感できる)
  • セルフコントロール(精神を安定させ、緊張や逆境に強い)

 

これを見れば確かにIQ(頭の良さ)だけでは仕事が出来る、
社会で生きていけるとは言い難いというのが分かりますよね。

 

EQは幼少期にしか育たない!?

EQは幼少期(特に小学校入学前)の
家庭環境が重要という研究結果が出ているそうで、
学歴や、生涯年数、雇用形態、持ち家比率、犯罪率にも影響があると言われているみたいです。

 

↑僕は研究しているわけではないし、根拠なんてないですが
幼少期が大事ということはわかります。

 

それは自分が経験してきたから。

まず子どもにとって、親は絶対的な存在ですよね。

 

最初に出会う大人であって、家族というのは最初に出会う小さな社会です。

 

親から愛されること=自分は無条件に愛される存在
なんだと認識できることがその後の人間形成において
最も大事なんじゃないかなと思います。

 

そして、『自分は何がしたいのか』『どんな能力を伸ばしていくべきなのか』
そういった自分を見つめる力、自分を客観視する力もEQに含まれるものなんです。

 

日本の教育は遅れている

海外では既にEQ教育は取り入れられています。

 

日本でも2023年に高等学校でEQ教育がようやく開始されるそうです。

 

僕は高校よりも幼児教育でもっと早く取り入れるべきだと思うんですけどね(笑)

 

まぁ、少しづつ日本でも変化があるのかなと感じます。

 

海外ではEQより更にSQへ!?

海外(特に教育や福祉が充実している北欧)では更に

 

SQ教育というのも取り入れられてるそうです。

 

えっ…今度はSQ!?

 

なにがなんだか、分からなくなってきますね(笑)

 

ここで簡単に整理しておきましょう。

 

IQ=知能指数を表すもので俗にいう頭の良さ。(マーカー使用)

 

EQ=感情指数や、心の知能指数。

 

自分自身の感情を把握してコントロールし、その場にあった行動を取れるか。

 

また相手の感情を理解しながら適切な配慮をし、
他社との関係を良好に出来るかどうかを指している。

 

SQ=コミュニケーション力や社会性の高さを指す。

 

『生き方の知能指数』などとも呼ばれている。

 

SQが高い人の特徴

SQが高い人は、
自分の考えを相手が理解できるようにまとめて伝えることが出来たり、
人になにかをお願いしたり、されたりといった
協力することの大切さを理解出来る傾向にあり、
自分なりの目標を持って取り組んだり、
成功しても謙虚な気持ちを忘れずにまた新たな挑戦が出来たりという特徴があるそうです。

 

SQが低いと、共感力が低く相手の気持ちが理解出来なかったり
周囲と信頼関係を結べなくなったり、キレやすく攻撃的になっていじめたり、
周囲から孤立してしまうこともあるとのこと。

 

そういった背景から子どもは自己肯定感が低くなり、
強い孤独を感じ、不登校や引きこもりになってしまうケースも少なくなりません。

 

海外はコラボレーションの時代

更に海外では、コラボレーションの時代に突入してるそうです。

 

これはどういうことかというと、
仕事などにおいてコラボして一緒に取り組んでいくということですね。

↑そのままですが(笑)

 

これって当たり前のように僕は感じるし、
とても素晴らしいことだと思うんですが
日本社会や、日本人の特徴において
やっぱりまだまだそういった意識が低いように感じます。

 

そしてこのコラボするということは、
EQやSQが大事になってくるんですよね。

 

僕は不得意なことや苦手なことを頑張るよりも、
得意なことをとことん伸ばせばいいと思っています。

 

苦手なところは他の人に補ってもらう

 

まさにコラボレーションですね。

こうして仕事も進めていったほうが、
効率がいいしより良いものが生まれると思うんですよね。

 

でも日本人は平均的な人間を育てる教育というか、
みんな一緒、横並びの教育のせいで、
それぞれの個性や特徴を活かしきれていないように感じます。

 

EQ、SQを育むために重要なポイント

僕はEQもSQも通じるところがあると勝手に捉えています。

 

そして自身の経験や、
教育に携わる仕事を通して最も大事だと思うことを伝えさせてください。

 

・愛情をしっかり表現する

 子どもと接するときは愛情表現を忘れないでください。

 

愛情表現には様々なものがありますが、
例えばアイコンタクト、タッチやハグ、手をつなぐなどのスキンシップ、
子どもの話しをしっかりと聞く。

 

どれも当たり前のことに思いますが、
日々の生活の中で忙しいとついついおろそかになってしまうこともあります。

 

実際に僕もそういうシーンを何度も見てきました。

 

・親は子どもの絶対的な味方であることを伝える

どんな時でもお母さんお父さんは、あなたの味方だよと伝えてあげましょう。

 

どんな自分でも味方でいてくれる存在がいることは
精神的な安定に繋がり他者に優しく接することが出来るようになります。

 

新しい教育組織にジョインしました

僕はHOPE SQUAREという団体を立ち上げて活動していますが
今のところその活動で食べていくことは出来ないので、他でも働いています。

 

新しい仕事を探していたのですが僕が探していたキーワードは主に次の3つです。

 

 

  • 教育関係
  • スタートアップ
  • 外国人と関わる

 

このうち1つでも当てはまればいいなと思っていました。

 

もちろん今後の自分の団体、活動に活かす為です(笑)

 

探していたところ、運よくすぐにみつかりました(笑)

 

教育関係でスタートアップというだけではなく、
僕が関心のあるEQ教育に力を入れているところで、まさにぴったりでした。

 

ただ僕が懸念していたのは、
自分の活動を最優先にしたいので、あまりコミットできないこと。

 

そして定期的にある程度の期間の休みを取りたいこと、
最初からそこでずっと働く気はないこと。

 

でも働きながら勉強したいので、ある程度は本気で関わりたいこと。

 

はい、わがままですね(笑)

 

ジョインすることになったのは
スタートアップの教育組織で経営企画として
採用して頂きました。

 

子どもと関わるだけでなく、
経営や運営、そしてスタートアップの立ち上げも
経験したかったので僕にとっては好都合でした。

 

面接のときに言われた言葉。

 

『あまりレールの上を歩いていない人好きなんですよね』

 

えっ、どういうことですか?(笑)

 

今の活動も今後したいことも全て話した上で採用して頂き、

 

相手
いいですね~おもしろい!

海外にもどんどん行って来て下さい!

そして子どもたちにもぜひ伝えてあげてください!

 

そう言って頂きました。

 

面接というよりは、僕の夢を語るみたいな時間でしたね(笑)

 

僕みたいな人間は、
こういった出会う方々のおかげで生かされているなといつも感じます(笑)

 

もちろんこちらの仕事にも全力でコミットしつつ、
自分の団体の活動を最優先に考えて動いていきたいと思います!

 

というわけで、入社して3日だけ出社してマダガスカルへ行ってきます!(笑)

 

さいごに

今回はEQやSQについて触れさせていただきましたが、

 

  • 幼児期の親の愛情は大事ということ
  • それぞれが何が大事なのか考えていくこと

 

人間形成において大事な幼少期に、
教育する大人の責任として
この2つが重要なのではないでしょうか?

 

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)