映画【存在のない子どもたち】から学んだ僕たちにも出来るたった1つのこと

何もしないというのは加担しているのと同じ

先日、映画【存在のない子どもたち】を観てきました。

わずか12歳の少年が両親を告訴するという衝撃の内容。

 

告訴する理由は【こんな世の中に僕を産んだから】

 

この映画を観て改めて、日本に生まれたというだけで
どれだけ恵まれているのかという事を再認識させられたような気がします。

 

生まれた時点で、スタートラインが違う。

 

なんて思いたくないけど、そう思わずにはいられないような感覚でした。

 

序盤のストーリー、ざっくり書いてるので
見たくない方はここで、戻ってください(笑)

 

大人たちに言いたい、世話出来ないなら産むな

【大人たちに言いたい、世話できないなら産むな】

 

これは主人公の少年が両親へ向けたセリフで、
僕が最も印象に残っているシーンの1つでもあります。

 

舞台は中東のスラム。

 

主人公の12歳の少年、ゼインは学校に行かずに、
路上でモノを売ったり、小さな弟妹たちの世話をしていました。

 

そんなある日、11歳の妹サハルが強制結婚させられてしまいます。

 

ゼインは両親に対して怒り、家出をすることに。

 

なんとか仕事を探すが見つからず、途方に暮れていると
レストランで働くエチオピア人女性と出会い、家についていきます。

 

この女性は、エチオピアからの移民で
赤ちゃんを抱えながら偽造の滞在許可証で働いていました。

 

ゼインはこの赤ちゃんの面倒を見る代わりに居候させてもらうことに。

 

しかし、そんな中、このエチオピア人女性が不法就労で拘束されてしまいます。

 

ゼインは赤ちゃんの面倒を見ていましたが、
食べ物もなくなってしまい、偽の処方箋で得た薬を売って稼いだり
救護所でミルクやおむつをもらってなんとか凌いでいました。

 

しかし、そんな生活は長くは続きません。

 

とうとうゼインは、赤ちゃんを偽造屋に渡してしまいます。

 

それで得たお金で国外に出ようと考え、
身分証をもらいに家に戻りますが、両親に

 

『身分証なんてない』

『俺もお前もだれも相手にしない、ごみクズ同然なんだ』

 

と言い放たれてしまいます。

 

ゼインは戸籍がなく、社会的に存在していないのです。

 

物語は更にここから、衝撃的なストーリーへと発展していきます。

 

【かわいそう】そう思うだけで終わらせない為に

わずか12歳の少年が学校に通うことも出来ずに、
小さい弟や妹たちの面倒を見て、道で商売する。

 

今の日本に生まれ育った、僕たちに想像できるでしょうか?

 

彼は両親に見放されながらも
自分よりも小さく弱いものを必死に守ろうとする
人間としての豊かさを持っています。

 

救護所で、モノをもらう時に彼は

 

『なんでもいいから欲しい』

 

『でもとりあえずミルクとおむつが欲しい』

 

と言いました。

 

彼もお腹を空かしていただろうに
自分よりも弟(血も繋がっていない、
たまたま出会ったエチオピア人女性の赤ちゃん)を
優先的に考えていたんです。

 

途中、何度も胸が苦しくなるシーン、涙が出てくるシーンがありました。

 

この映画は日本人である僕たちに
何を問いかけているんでしょうか?

 

何を伝えたいんでしょうか?

 

中東の、遠い国の関係ないストーリーだと思わないで欲しいです。

 

最近、日本でも虐待や様々な事件を見聞きしますよね。

 

僕が印象に残っているシーンの1つにこんなシーンがあります。

 

それは両親が裁判官に発した

 

【私たちを責めるの?私たちにどうしろって言うの?こうするしかなかったの】

 

【子どもを作れば、よくなると言われたんだ。でも実際はどんどん苦しくなるばかり】

 

というシーン。

 

僕は昔から虐待などに関心があり、
当事者である子ども達を救いたいと思っていますが、
子ども達を救うだけでは根本的な改善にはならないんですよね。

 

親はなぜ虐待するのか。

 

その背景を知り、
そちらにもアプローチしなければいけないすごく根深い問題。

 

まさにこの映画の、親が言い放ったこのシーンも
負の連鎖が生んだ最悪の事態だと思えてなりませんでした。

 

そしてこの映画は何を訴えかけているのか、
中東だけではない、途上国だけではない、
先進国にだって、日本にだって普通に起こっている社会の闇を感じました。

 

中東の子どもに、難民の子どもに、みんながみんな
今すぐに何かをするのは難しいかもしれません。

 

だから自分のまわりだけでいい。

 

何か異変のある子どもはいないか。

何か異変のある大人はいないか。

 

そういう意識を少しだけでも1人1人が持っておくことで
改善できることがあるのではないでしょうか。

 

貧困や、虐待、孤独な家庭環境のせいで
社会から取り残されてしまう子どもや家庭がない
社会を作っていくことは1人では出来ません。

 

でも1人1人がたった少しでも意識することで実現できると思っています。

この一本の映画を観ることで
意識を少し変えるきっかけになる。
そんな映画でした。

 

中東レバノンで生まれ育ったこの映画の監督は
インタビューでこう答えています。

【何もしないというのは加担してるのと同じ事】

 

この映画監督は、映画で世の中に発信するということで行動に移しました。

人にはそれぞれ役割があると思っています。

 

自分なりの方法で、それぞれがアクションを起こせますように。

 

【世話できないなら産むな】

 

環境、状況は違えど、過去に全く同じ感情を抱き、
実際に親に言った経験のある僕は、
主人公のゼインに想いを重ねてしまいました。

 

最初から最後まで、気分が重くなるような内容でしたが
最後の最後で少し希望が見えそうな彼の表情が唯一の救い。

 

僕も途上国で同じような状況を
何度も目の当たりにしてきたからこそ、
ただの映画だとは思えませんでした。

 

※監督が貧困地域や、拘置所、少年刑務所などを訪れて3年に及ぶリサーチ。
更に登場人物は、ほとんど素人で役柄とよく似た境遇の人をキャスティングして
演じることを指示せずに普段通りの自分を表現することを指示したそうです。

 

リアルなような、リアルであってほしくないような、
むしろ現実はもっともっとひどいんじゃないかと思わされるような映画。

僕は、この映画を観て感じただけじゃだめだと思いました。

 

だから、自分なりの方法で、自分に出来ることをやっていきます。

 

より多くの方に観て頂きたいです。

 

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)