夢だった世界一周をやめた、たった1つの理由!

意志決定はいつもシンプル!○○○○したから!?

はい、どーも!

世界の子どもたちを笑顔にしたいたこやきマンです!

突然ですが…

 

あなたにはってありますか?

 

僕にはたくさんあります!

 

例えば…

  1.  世界一周
  2.  親を旅行にたくさん連れて行きたい
  3. ばあちゃんに美味しいものをたくさん食べさせてあげたい
  4.  結婚して家族を作りたい
  5.  需要のある場所に学校や孤児院を建てたい
  6.  途上国に雇用を作りたい
  7.  【アフリカから世界へ】をミッションに支援されるアフリカじゃなくてアフリカ発信で世界にアピールしたい

などなど…

 

あげたらキリがないのですが、
日常的な小さなことから、大きなことまで
上に書いた以外にもたくさんあります。

 

誰にでも、やりたいことや行きたいところ、
願望など、少なからずありますよね。

 

でも…忙しい日常の中で、そんな【夢】を思う瞬間って
どんどん減っていったりしていませんか?

そして、いつの間にかいろんな【出来ない理由】
勝手に自分の中で作っていませんか?

 

僕がそうでした。

 

お金が、時間が、仕事が…

いろんな理由を並べていました。

 

今から10年近く前。

 

当時20歳くらいだった僕には
【いつか世界一周したい】という夢がありました。
 

それをある先輩に言うと…

 

相手

すればいいじゃん!

 

と一言。

 

えっっっ……!!!!!!!!!!!

 

今ほど、世界一周が一般的ではなかった当時。

 

僕も現実的なものとして考えていたというよりは、
本当に【いつか】したいなーと漠然と考えている程度でした。

 

なので、【すればいいじゃん】の一言はかなり衝撃的でした。

確かに、したいならすればいいだけの話なんですよね(笑)

 

でも当時の僕は、お金が、時間が、仕事が…

 

まさにそんなことを頭の中でグルグルと考えていました。

 

これまでの価値観をぶっ壊してくれた途上国

世界一周をしたいと思ったのは、
ただ単に海外が好き、旅が好きという理由もありますが
【世界の貧困】【世界の子ども達】【世界の教育】を、
自分の足で動いて、自分の目で見て、自分自身で感じたいという思いもありました。
 

そこで、世界一周ではないですが、まずは現場を見ようと、カンボジアに行く事に。

僕は初めて、世界の貧困状況、
生活、子どもたちを目の当たりにすることになります。

その時に、思ったこと。

 

【死ぬこと以外は、かすり傷】
 

ということです(笑)

 

これまで日本で生活をしてきて、やりたいことがあっても
お金がない、時間がない、仕事はどうしよう…

 

そんな風に思っていたのですが、途上国へ行き、
ただ今日を一生懸命生きている人たち。

貧しくても分け合って、助け合って生きている人たち。

そういった人たちと触れ合っていたら、

 

  • 自分はなんて守られた環境で生きてきたんだろう。
  • 何もチャレンジしてないな。
  • 全然思いっきり生きてないな。
  • 人間って、人生って、もっと自由でいいんだよな。

 

そういった想いが芽生えました。

 

20歳そこそこの僕は、お金や時間、仕事を理由に
世界一周を絶対に叶える夢ではなく、
いつか出来たらいいな~くらいの願望にしていました。

しかし20代前半で途上国へ行き始めて、
そこから価値観が変わり、願望だった世界一周が
現実的な世界一周へと変わっていきました。

 

やりたいって思うんだったら、すればいい!

そんなシンプルな考えになったのです!

 

そして、いつかではなく、20代のうちに世界一周をしようと思い始めました。

 

なぜ20代かというと、出来るだけ若いうちに
いろいろな人に出会い、いろいろな世界に触れて、いろいろな経験を
したいと思っていたからです。

 

さぁ!!!
 

なおき

世界一周へいくぞーーーーーー!!!

 

そういう流れだったはずが………

 

やめましたっ!!!!(笑)
 

辞めた理由は、ただ1つ。

 

【世界一周よりも、ワクワクするやりたいことがあったから】
 

すっごく、シンプルなことですよね(笑)

 

人生の1つの転機

僕は、今から数年前、心臓の調子が悪くなりました。

 

病院へ行ったところ、
持病の不整脈に加えて心臓が大きくなってると言われたんです。

 

その時、初めて死を意識して、
【もし明日死ぬとしたら何を後悔するだろう?】と考えました。
 

なおき

まだ、アレやってないのに死ねないな。

 

その時に、真っ先に浮かんできたのは、
実は世界一周ではなかったんです。

 

最初に書いたように、あれもこれもと、やりたいことはたくさんあります。

 

でも、あれもこれもと考え、手を出そうとすると、本質を見失ってしまう。

 

これは僕の持論ですが、人間って、人生って、
本当に大事なモノは、
そんな多くないと思っています。

 

旅の魅力

世界一周も、別に興味がなくなったわけではありません。

 

僕は海外が好きだし、旅が好きだし、人が好きだし、
一人旅のワクワクが大好きです。

英語も満足に出来ないけど、頑張ってコミュニケーションをして
世界中から来てる人たちと他愛もない
話や、旅の話、仕事の話、それぞれの国の事を話したり、
一緒に観光をしたり、飲みに行ったり。

 

言葉も文化も分からない他国で、人の優しさに多く触れたり。

僕にとっての旅は、人生について、人間について、世界について。

 

学び、考えるキッカケとなり、机上の勉強よりもよっぽど勉強になるんです。

 

長年したいなーと思い描いていた世界一周。

 

でも、そんな世界一周よりも………

 

【自分にとってワクワクすること】
 

もう一回言いますっ!!!
 

なおき

ワクワクするーーーーーーーっ!!!

 

それを見つけてしまいました。

 

見つけたというよりは、小学生の頃から
ずっと思い続けていて、改めて気付かされたという感じです。

何事も、まずは自分自身が楽しいと思ったり、
ワクワクしたり好きだったり信じれないと続かないですからね。

 

まとめ

夢だった世界一周をやめた、たった1つの理由。

 

自分自身が
【世界一周よりもワクワクすることをする為】
物事はいつだってシンプルだと思っています。

 

難しくしてるのは自分自身。

 

あなたも、もし今何か、そして今後したいことがあるけど
迷っている場合は、一度シンプルに考えてみるのは如何でしょうか?

 

この記事を読んで下さったあなたの、
少しでも何かのキッカケになって下されば幸いです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

※世界一周をやめて、何をするのかは次の記事で書きたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)