【綺麗になりたい女性必見!】アフリカのバオバブが、オシャレ商品に大変身!

~アフリカから世界中の人を美しく健康に~

はい、どーも!

 

世界の子どもたちを笑顔にしたいたこやきマンです!

つ、ついに…!!!!

 

あの【バオバブ】が商品化しましたーっ!!!

※バオバブとは??

バオバブについて以前書いた記事はこちら

 

僕のブログを毎回見て下さってる方は
知ってくれているかと思いますが、
(そんな貴重な方は滅多にいないか。。。(笑))

 

今回、初めて見て下さっている方に向けて
改めて簡単にストーリーを書かせて頂きますね。

 

あ、久々のブログなので、
今までのブログは読んでいたけど
バオバブって何だっけ?あれ?なんでこいつバオバブ、バオバブ
言ってんだっけ?っていう、
もう忘れちゃったよっていう人も改めて、
読んでくれたら嬉しいです!

 

始まりは、遡ること1年半前。

 

僕は、初めてセネガルに行きました。


セネガルはアフリカの最西端、ここにあります。

日本からはおよそ30時間。
乗り継ぎ次第では40時間~50時間という便もあります。

 

セネガルに行った目的は大きく2つ。

 

①途上国の子供たちの為に何かしたいと思っていたけど
 東南アジアばかりでアフリカに行ったことがなかった為、  
 アフリカの教育やストリートチルドレン事情が 気になっていた

②貧困を改善する為にビジネスがしたいと思っていたので、
 そのリサーチをしたかった

 

ちなみにアフリカの中でも、
なぜ西アフリカのセネガルに行ったかというのは
特に大きな理由はありません(笑)

 

しいて言うなら、

 

①アフリカの中でも日本から遠い国に行きたかった。

②自分の周りで行っている人が多い東アフリカよりも、行っている人が
 少なく情報がない西アフリカに行ってみたかった。

 

という事くらいでしょうか(笑)

 

初めて行ったアフリカ、セネガル。

そこでバオバブに出会いました。


バオバブ自体はセネガルに行く前から知っていて、
バオバブが有名なマダガスカルは
世界の中でも行きたい国ランキング、上位です。


あっ、僕の中のランキングです(笑)

それはおいといて………
セネガルで衝撃的な出会いをしてしまいます…!!

それがバオバブジュースとの出会いです!!!
 

写真はバオバブとマンゴーのミックスジュース。

 

それはそれは、おいしくて特に娯楽もない、暑い中、
このバオバブジュースを飲む時間が唯一の至福の時でした(笑)

バオバブって飲めるんだ!!

 

初めて知った僕は、バオバブについて調べてみると、
バオバブの成分が美容にも健康にもイイ、
スーパーフードということを知ったんです!!

 

これは大事な人達に飲ませてあげたいと思いました。

 

そして、こんな風に考えるようになります。

 

自分にとって大事じゃない人でも、
自分にとって知らない人でも
誰かにとっての大事な人。

 

このバオバブを広めて、
アフリカから世界中の人を美しく、健康にしたい!!

と。

 

そこには、ただ単に世界中の人々を美しく、健康に
ハッピーにしたいだけではなくて、
アフリカの負のイメージを払拭したいという思いもありました。

 

よほどの海外、旅好き、国際協力、途上国でのビジネスなどに
関心のある人でなければ
アフリカなんて行かない人がほとんどではないでしょうか?(笑)

 

実際に僕の周りでも、アフリカの話をしても
関心を持ってくれない人の方が多いですし、

 

アフリカ=危険、病気、宗教、テロ、貧困…
 

なんとなく、怖い、危険。
色で言うと茶色いイメージ持ってませんか??(笑)


でもそれは仕方のないことだと思います。
日本にいるとどうしても、そういった負のニュースや
情報ばかりが入ってきますし、
何より、日本から遠いアフリカの事なんてよくわかりませんよね(笑)

 

でも実際に行ってみると、貧困や教育、インフラ、病気、
テロなど、改善すべき課題はたくさんあるものの…

 

その一方で、あたたかい人々、心奪われる大自然、魅力的な文化
などなど…素晴らしいところにたくさん気づくことが出来ました。

セネガルでバスに乗っていた時、席を譲られたのには
びっくりしたことを覚えています(笑)

 

僕が滞在しているキニアブール村の人達もとてもあたたかく、
言葉も分からない外国人の僕を本当のファミリーのように迎えて接してくれました。

セネガルには、かつて黒人奴隷貿易の拠点となっていたゴレ島があります。

僕も実際に足を運びましたが、
なんとも言えない重苦しい、気持ちになりました。

男性、女性、子供の部屋が分かれてあります。

 

こんな薄暗い部屋でどんな気持ちで待機していたんだろう。。。

 

船でアメリカや南米と運ばれるまでに病気などにかかってしまったら
労働力にならない為、生きたまま海に捨てられ鮫の餌になったそうです。

 

同じ人間が、受けていた行為とも思えないし、
同じ人間がしていた行為とも到底思えません。

 

そんな歴史があるのにも関わらず、
肌の色も違う、言葉も分からない、外国人の僕を
セネガルの人達はあたたかく迎え入れてくれました。

 

僕がアフリカ、セネガルに行き、感じたことは可能性の塊だということ。

ここで子供たちへの教育の機会を創出することで、
アフリカ、世界の未来を担っていく人材を育成し
アフリカのイメージをも払拭できるような、ビジネスをして
発信をすれば、間違いなく世界をいい方向に変えていくことが出来ると思いました。

帰国後、友人にこの思いを話し、
バオバブをもっと日本で広めたいんだよね】というと、
友人は、
それいいね!ビジネスとしてやろうよ!
そう言いました。

 

そこから僕たちの(彼の)挑戦が始まりました。

 

僕も最初のほんの少しの間だけ、商品に
関わっていましたが、0から何かを作り上げるという
経験が初めてで、ワクワクしたり楽しい反面、
正直こんなに大変なんだということの連続でした。

 

少し希望の光が見えたと思ったら、途絶えてまた0から考えて…

 

その繰り返し。

 

化粧品売り場に行き、
他社のボトルやパッケージを参考に見に歩き回ったのはいい思い出です(笑)

 

途中からは友人が1人で(お世話になっている周囲の方々の協力を得ながら)、

 

つ、ついに…………

 

商品化しましたっ!!!!
 

ここまで形にしてくれた友人には感謝しかありません。

 

そして、協力して下さった周囲の方々にも感謝申し上げます。

 

友人が立ち上げた会社、LE SOLEIL株式会社。

 

LE SOLEILはフランス語で太陽という意味です。

 

世界のまだ陽の目にあたっていない素材に注目し、
その素材を最大限に活かすことで、素材にも人々にも
貢献していきたいという思いが込められています。

 

現在は、美容、健康に良い成分が入っているバオバブの特徴を最大限に活かし、
商品化したシャンプーやリンス、オイル、ヘアーミストなどを販売しております。

こちらが会社のHPです。
商品はHPから購入出来るようになっています。

https://le8soleil.com/

 

よければ、見て下さい。

 

現段階ではセット販売はなく、
単品のみでの販売となっております。
プレゼント用に、ラッピングも可能です。

 

これからの時期、クリスマスギフトにもおすすめです。

自分へのご褒美に。

大事な人への贈り物に。

 

みなさんの美と健康に貢献するのはもちろんのこと、
この商品を通して
アフリカ、バオバブのことを少しでも知って頂く
キッカケになって頂けましたら嬉しいです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます!

 

※バオバブについての注意事項!

バオバブの効能、効果を保証するものではございません。
効果には個人差があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)