アフリカの発展を目指して!未来に繋ぐ学校を作りたい!

クラウドファンディング準備しています

セネガルから帰国しまして、
セネガル滞在中に決意した、
キニアブール村の幼稚園建設プロジェクトとして、
7月11日から8月31日まで
クラウドファンディングに挑戦します!

 

セネガルとは

アフリカの中でも西アフリカの端にあり、
日本からもすごく遠いです。

 

行き方はいろいろありますが、
今回僕は、中東カタール、アフリカモロッコを経由して
セネガルまで行きました。

 

乗り継ぎ時間を含めて30時間以上。

 

そして、僕が滞在していた村は
ティエス州にあるキニアブール村。

 

 

周辺に新しい空港が出来たことから、
どんどん土地を買う人も増えてきているみたいで
今後発展していく地域と言われてるみたいです。

 

「今のうちに土地買っといたほうがいいよ」と言われ、
土地でも買って、バオバブ、モリンガ、マンゴー農園
でもやろうかなと思っています(笑)

 

今はな~んにもなく、
本当に発展してくのか?って感じですが、
セネガルに住んでいる日本人の方も言っていたので、
セネガルでは、そう言われてるのだと思います。

 

空港からキニアブールまでの行き方

 

着いた日は深夜だったので、
タクシーで村まで行きましたが、
およそ20分くらいで4000円くらいかかりました。

 

めっちゃ高い(笑)

 

通常はバスで途中の村まで行き、
そこからタクシーか乗り合いバスで村まで行きます。

 

全部含めても数百円です。    

 

ちなみに、現地人パートナーが
空港まで迎えに来てくれていたのですが、
親戚が警察官ということで一緒に出迎えてくれて、
すごく並んでいた入国審査をパスして、
裏の部屋に連れていかれ、
スタンプ押されてあっという間に入国出来ました(笑)

 

もう一人のパートナーは空港で働いていますが、
いろんな場面で優遇してくれて、
日本以上に、人脈がモノを言わせる世界だな
ということを実感しました(笑)

 

クラウドファンディングとは?

ある目的、志の為、不特定多数の人から、資金を集める行為。

 

また、その為のネットサービスのこと。

 

インターネットを利用して不特定多数の人々に、
比較的定額の資金提供を呼びかけ、
必要とする金額が集まった時点でプロジェクトを実行する。

 

出典:コトバンク

 

以前は、正直クラウドファンディングは
あんま良く思っていませんでした。

そんなに志があるなら自分でやればいいんじゃない?
と思っていたからです。

しかし資金面的な問題はもちろんですが、
クラウドファンディングには様々な意味があると思いました。

 

クラウドファンディングをする意味

■その1

まずは、自分自身への挑戦。

 

今までは正直、めんどうな事は嫌いで
大した挑戦もしてこなかったように感じます。

 

でも、様々な途上国をまわっている中で、
現地でいろんな活動をしてる日本人の方に出会いました。

 

どれも素晴らしい取り組みばかりですが、
日本で世間的にあまり知られていないのは、
すごくもったいなと思います。

 

でも実際に現地で活動してると、大変で、
なかなか発信までまわらないという現状もあるように感じました。

 

例えば、僕が滞在していた村では
Wi-Fiがものすごく弱く、
なかなかネットが繋がりません。

 

そんな状況では情報発信どころではありませんよね(笑)

 

1人よりも2人。
2人よりも3人と。

 

人数が多ければ多いほど、大きなパワーとなり、
素晴らしい取り組みをどんどんしていけると思っています。

 

情報発信はそのための1つのツールだと捉えています。

 

■その2

自分1人の資金で学校を建てるよりも、みんなで建てたい!

 

これは、現地の人に、
「僕1人ではなくて、多くの日本人が協力してくれたんだよ」
と言いたいということです(笑)

 

現地で活動していて、学校を建てたいとか、
学校を建てる為にリサーチしてるというと、
ヒーローみたいな扱いをされる事があります。

 

でも、国際協力で1人の力で出来ることなんて限られてると思うんです。

 

そこで、「1人の日本人が建てた学校」よりも、
「多くの日本人が建ててくれた学校」と認識することで、
現地の人にも勇気を与えることが出来るように感じています。

 

■その3

責任感が強くなる。

 

これは実際にセネガルで
日本食レストランを経営されている、
唯一の日本人オーナーの原田さんに言われたことです。

 

原田さん自身も、開業資金の一部として、
クラウドファンディングで資金を集めて達成されました。

 

極端な話、自分1人だったら、何か嫌になったり、
壁にぶつかってやめたいなーと思ったら、
いつでもやめることが出来ると思います。

 

でも、もしクラウドファンディングで成功して
皆様から資金を託して頂いたら、
やめるわけにはいかないですよね。

 

気が引き締まる。という事を仰っていました。

 

実際に、僕も、現地人パートナーと話してる時に、

「もしクラウドファンディングで成功したら、
それはみんなの力だし応援してくれてる人たちの為にも
絶対に続けていかなきゃいけない。僕にはその責任がある」

という事を何度も伝えました。

 

 

資金面以外にも、このような事を感じ、
今回クラウドファンディングに挑戦することを決意しました!

 

命が助かるなどの、企画だったら比較的集まりやすいけど、
学校建設というありふれた企画の中で、
団体でもなく有名人でもなく資金を集めるのは結構難しい。

 

という事を改めて言われ、早速壁にぶつかってますが(笑)

 

失敗しても成功しても、
自分にとってはプラスの経験になると思ってます。

 

もちろん絶対成功させたいし、
その為の最大の努力をしていきます!

 

ページを作成、提出し、今は承認待ちですが、
せっかくなので僕が書いた
プロジェクト内容をこのblogに残しておこうと思いました!(笑)

 

ここから、どれだけ訂正が入るのか楽しみです!(笑)

 

以下が、僕が書いたプロジェクト内容になります。

 

セネガル人と共に挑む!本当のアフリカの発展の為に、未来ある子ども達に教育の機会を提供したい

 

初めまして、森林尚紀です。

 

私は小学生の時に、同居していたおじがうつ病で
毎日のように暴れていたことが原因で、
極度のストレスから抜毛症という
精神的な病気になってしまったという過去があります。

 

その経験から、小学生の頃から
「大人になったら虐待されてる子ども達や
途上国の子ども達の為に何かしたい」
と自然と強く思っていました。

 

社会人になり、自分の目で現場を見てみたいと思い、
カンボジア、タイ、ベトナム、ブータン、
インドネシアの孤児院、小学校でボランティアや
学校建設に参加したり、アフリカで
ビジネスインターンシップに参加したりしていました。

 

しかし、もっと貧困な地域や、
もっとストリートチルドレンが多い国に行きたい
と思うばかり、なかなか次のアクションを起こせずにいました。

 

そんな中、初めてセネガルを訪れた時に、
「教育を受けることが出来ていない子ども達に
教育の機会を提供したい」とセネガル人に話すと、
「是非私の村にお願いします」と言われ、
まずは目の前の困ってる人の為に
何かアクションを起こすべきなんじゃないか?と思い、
1年後にセネガルのキニアブール村を訪れました。

 

村の問題は主に、
教育、水、農業しか産業がなく貧しいという事です。

 

村には小学校は1つありますが生徒数が多く、
教室は不足しています。

 

幼稚園、中学校、高校はありません。

 

中学生や高校生は他の村まで通うことが出来ますが、
幼稚園生では難しいという現状があります。

 

私は途上国をまわりボランティアしている中で、
途上国の全ての問題は貧困から来ていると感じ、
「貧困を改善する為に、ビジネスを通して雇用をつくりたい」
と考えていましたが、村でリサーチしているうちに、
まずは子ども達の教育の機会を作ることが先決だと思いました。

 

セネガル人も子ども達の教育の重要性を
一番にあげていることから、ミーティングを重ねて、
今回このプロジェクトを立ち上げる決意をしました。

 

本気でセネガル、
そしてアフリカを変えていきたいセネガル人と、
より良い世界を目指しています!

 

未来を担っていく子ども達に、
教育の機会を提供する為、
村に1つもない幼稚園の建設費として、
50万円が資金不足となっています。

 

皆様の温かいご支援、ご協力の程、よろしくお願い致します。

 

 

 

プロジェクトを立ち上げたキッカケ

【セネガル人が自ら、貧困から抜け出す為に、
村人と共に考えた最も重要な教育を!】

 

セネガルは西アフリカの中では発展していますが、
実際に現地で活動してると問題は山積みだと感じました。

 

フランスや海外の企業が多く、
セネガル人は本当の意味で発展していないと口を揃えます。

 

潤っているのは海外や、セネガルの上の一部で、
村人たちは非常に貧しい生活を虐げられています。

 

また、優秀なセネガル人ほど、海外に行き、
自国には戻らない人も多く、
愛国心が薄いという問題点もあげていました。

 

いつまでも貧困の理由として、
あげていたのが自国で生産していないお金と言語です。

 

セネガルの公用語はフランス語ですが、
セネガル人で話せる人は全体の50%にも満たないと言います。

 

地方に行けば行くほど、話せない人は多いでしょう。

 

その原因はやっぱり教育です。

 

そしてセネガル人現地パートナーは、

「フランス語はセネガルの言葉ではない。なんで日本や他の国は、
その国の言葉がしっかりあるのにセネガルはないんだ」

という事も言っていました。

 

セネガル人の優秀な人ほど、海外に行ってしまい
愛国心が薄いのはそういった事情もあるのかもしれません。

 

しかし私が出会ったセネガル人たちは、
母国を愛し誇りに思い、
セネガルやアフリカの発展を本気で考えていました。

 

また、人種差別という問題へも戦っていました。

 

そんなセネガル人達と、共に、セネガル、
そしてアフリカを変えていきたい!

未来を担っていくアフリカの子ども達に、教育の機会を提供したい!

と考え、このプロジェクトを立ち上げる決意をしました!

 

プロジェクトの具体的な内容

【皆様から頂いたご支援で、
セネガルのキニアブール村に初の幼稚園を建設します!】

 

今回のプロジェクトでは、皆さんからご支援を頂いて、
幼稚園建設に必要な建設費に使わせて頂けたらと考えております。

 

【支援希望額 50万円】

【今回のプロジェクトで必要な金額内訳】

 

まずは最初のステップとして、
約50~60人の子ども達が通えることを目指します。

 

幼稚園1クラス

トイレ3個

プレイングルーム1つ

合計建設費 100万円

 

その他

子ども用の机 10個 3万円

子ども用のイス 60個 6万円

先生用の机とイス 1セット 3000円

 

遊具

ブランコ 2個 2万円

トランポリン1個 3000円

 

建設費、その他初期費用に必要な金額が不足しているため、
皆様から頂いたご支援を建設費に使わせて頂きたいと思っております。

 

また、セネガル政府に申請をして公立の学校を建設します。

 

政府から補助金が出ることにより、
少額ですが先生にお給料も支払うことが出来、
私たちが建てて終わりなのではなく、
しっかりと村人たちが主体となって、
続けていける仕組みづくりを建設後もサポートしていきます。

 

プロジェクトの展望やビジョン

【セネガルの子ども達がしっかりと教育を受け、
アフリカ人による本当のアフリカの発展、世界平和を実現したい!】

 

今回のプロジェクトを通して、
「教育を受けることが出来ていない子ども達に
教育の機会を作ることで、アフリカ人による本当のアフリカの発展」
を目指しています。

 

「アフリカ」というと、貧困や紛争、病気など
負のイメージを持つ人も多いと思います。

 

それもまた事実ですが、実際に訪れてみると、
困っていたら当たり前のように助け合う優しさ、
底抜けの明るさ、心奪われる大自然、興味深い文化など、
魅力的な部分もたくさんあります。

 

私はそんなアフリカの全ての事実を世界に
もっと発信したいと思ってるので、
現地の人たちにも向き合う課題点には、
しっかりと向き合い、誇るべきところは自信を持って、
いつまでも支援されるアフリカではなく、
自分たちで作り上げていくアフリカを現地人と共に実現したいです。

 

また、個人的には多文化共生に関心があり、
国籍や人種、言語、文化など違う者同士が、
互いに尊重して共存していくことが平和への道だと信じているので、
建設後も学校のサポートをしていくことはもちろん、
世界中の子ども達を繋いでいけるような活動もしたいです。

 

今回のプロジェクトは、その為のはじめの一歩だと思っています。

 

 

リターンに関しての説明

応援コース!「幼稚園建設を応援したい!」

5000円のリターン

 

 

  • 心を込めたお礼の手紙が届きます
  • 開校式の写真が届きます
  • 支援者ボードにお名前を掲載致します(建設後に敷地内に設置予定です)

 

※リターンに費用をかけない分、
頂いたご支援は建設費に大切に使わせて頂きます。

 

応援コース!「幼稚園建設を応援したい!」

10000円のリターン

 

 

  • 心を込めたお礼の手紙が届きます
  • 開校式の様子の写真が届きます
  • 子ども達からのサンクスレターが届きます
  • 支援者ボードにお名前を掲載致します(建設後に敷地内に設置予定です)

 

※リターンに費用をかけない分、
頂いたご支援は大切に建設費に使わせて頂きます

 

アフリカを感じれるアフリカローズのバラをお届けします!

30000円のリターン

  • 心を込めたお礼の手紙が届きます
  • 開校式の様子の写真が届きます
  • 子ども達からのサンクスレターが届きます
  • 支援者ボードにお名前を掲載致します(建設後に敷地内に設置予定です)
  • 現地の貧困、雇用問題を改善する為、ケニアのバラを販売されているアフリカローズさんのバラが1本届きます

 

応援コース「幼稚園建設を応援したい!」

30000円のリターン

 

 

  • 心を込めたお礼の手紙が届きます
  • 開校式の様子の写真が届きます
  • 子ども達からのサンクスレターが届きます
  • 支援者ボードにお名前を掲載致します(建設後に敷地内に設置予定です)

 

※リターンに費用をかけない分、
頂いたご支援は建設費に大切に使わせて頂きます。

 

応援コース!「幼稚園建設を応援したい!」

50000円のリターン

 

 

  • 心を込めたお礼の手紙が届きます
  • 開校式の様子の写真が届きます
  • 子ども達からのサンクスレターが届きます
  • 支援者ボードにお名前を掲載致します(建設後に敷地内に設置予定です)

 

※リターンに費用をかけない分、
頂いたご支援は建設費に大切に使わせて頂きます。

 

応援コース!「幼稚園建設を応援したい!」

100000円のリターン

 

 

  • 心を込めたお礼の手紙が届きます
  • 開校式の様子の写真が届きます
  • 子ども達からのサンクスレターが届きます
  • 支援者ボードにお名前を掲載致します(建設後に敷地内に設置予定です)

 

※リターンに費用をかけない分、
頂いたご支援は建設費に大切に使わせて頂きます。

 

セネガルの村暮らしを体験出来るコース!

5名様限定!100000円のリターン

 

 

  • 心を込めたお礼の手紙が届きます
  • 開校式の様子の写真が届きます
  • 子ども達からのサンクスレターが届きます
  • 支援者ボードにお名前を掲載致します(建設後に敷地内に設置予定です)
  • 幼稚園建設場所であるキニアブール村へご招待致します。(空港までの送り迎え、ホームステイ体験付き)※セネガルまでの渡航費などはご負担頂きます。日程、期間応相談。

 

応援コース!「幼稚園建設を応援したい!」

300000円のリターン

 

 

  • 心を込めたお礼の手紙が届きます
  • 開校式の様子の写真が届きます
  • 子ども達からのサンクスレターが届きます
  • 支援者ボードにお名前を掲載致します(建設後に敷地内に設置予定です)

 

※リターンに費用をかけない分、
頂いたご支援は建設費に大切に使わせて頂きます。

 

セネガル特産品コース!

300000円のリターン

  • 心を込めたお礼の手紙が届きます
  • 開校式の様子の写真が届きます
  • 子ども達からのサンクスレターが届きます
  • 支援者ボードにお名前を掲載致します(建設後に敷地内に設置予定です)
  • セネガル産バオバブオイル1本とアフリカを感じれる絵が届きます

 

企業・団体向け、スポンサー権

500000円のリターン

  • 心を込めたお礼の手紙が届きます
  • 開校式の様子の写真が届きます
  • 子ども達からのサンクスレターが届きます
  • 支援者ボードにお名前を掲載致します(建設後に敷地内に設置予定です)
  • 製作する幼稚園の制服に、企業、団体名を記載させて頂きます

 

以上が、今のところ作成したページですが
まだリターンなどに関して決定していない
部分もあり、内容も精査していく段階です。

 

でも記念すべき最初に作ったプロジェクトページを
記録として残しておきます(笑)

 

読んで頂き、【チョルカ】です!

 

応援よろしくお願い致します!

 

 

【チョルカ】=【ありがとう】

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)