セネガルで2人組の女子大生をナンパしたとても貴重な面白体験

検証、アフリカで初ナンパ

みなさん、モバビです!

 

いきなりごめんなさい(笑)

 

【モバビ】とは、僕が今滞在している、
セネガルのキニアブール村という地域で話されている
【セレ語】で【おはよう】という意味です。

 

 

セネガルでは全部で10言語くらいが話されている

正確じゃなくてごめんなさい(笑)
現地人に聞いたんですけど、正確に分かりませんでした。

 

セネガルの公用語はフランス語ですが、
現地人同士では現地語で話されていて、
しかもその現地語の種類も村によって異なっています(笑)

 

一番多く話されているのがウォロフ語という言語です。

 

そして、今滞在している
キニアブール村で話されている【セレ語】は
3番目くらいに使っている人口が多い言語らしいです。

 

村での人間関係は超大事!!!

いきなりですけど、あなたはしっかり挨拶していますか?

 

日本でも、もちろん挨拶は基本的で大事なことですが、
ここセネガルでは日本以上に挨拶が大事なんです。

 

ここキヌアブール村では、
その日初めて会った人とは必ず握手して挨拶する
という暗黙のルールがあります。

 

例えば、Aと握手して挨拶をし、
Bは少し遠かったから会釈だけにしたとします。

 

するとBはこう思うそうです。

 

「あいつはAと握手したのに、俺とはしなかった」

 

なんだかめんどくさいですね…。

 

あっすいません!

 

つい心の声が出ちゃいました(笑)

 

そんな事を言ってはいけないですよね。

 

まして僕は村人からしたら、
どこの誰かもわからない外国人。

 

そうです、悪く言えばよそ者です。
悪く言わなくても、よそ者か(笑)

 

なので、こんな事を意識しています。

 

  • しっかり相手の目を見る
  • 自分から握手をするように手を出す
  • 言葉が分からないながらも、相手の話を相槌を打ちながら聞く
  • 笑顔は基本中の基本!

 

しかし、このキヌアブール村の人は、
基本的にみんな穏やかでいい人ですごく歓迎してくれています。

 

だから、尚更こう思うわけです。

 

セレ語を覚えて、もっとコミュニケーションがとりたい!

 

 

今後blogでも
ちょこちょこセレ語が出てくるかもしれないけど、
お付き合いくださいね(笑)

 

さぁ今回の本題ですけど…

 

セネガルで人生初ナンパしてみました

セネガル滞在の記事の一発目がこんな内容ですいません(笑)

 

でも、アフリカでナンパって
そうそうみんながある体験ではないと思うので
書かせて頂きますね。

 

舞台は、キニアブール村から、タクシーで
約15分くらいにあるポポンギという場所で
行われていたキリスト教の最大のフェステバル。

 

セネガルは95%くらいがイスラム教ですが、
残りがキリスト教なんですね。

 

セネガル全土からはもちろん、
ガンビア、シエラレオネ、マリ、ギニア
などと言った周辺国からも来ているとのことです。

 

セネガルのほとんどがイスラム教でありながら、
キリストのお祭りにも参加するなんて、
宗教がうまく共存していて素晴らしいな~と思いました。

 

この辺については、
色々思うこともあったのでまた今度書かせて頂きます。

 

早速、キリスト教のフェステバル会場についてみると、すごい人です!

 

スリなど気を付けるように、
「財布や携帯はしっかりカバンにしまったか?」
と何度も現地人に注意されました。

 

少しでも出すと、早く閉まってと!

 

アフリカでナンパする問題点

  • 言葉が分からない
  • 夜だと暗くて顔がよく見えない

 

ごめんなさい、完全に個人的な意見なんですけど、
挨拶は出来て返事されても、
その後が分からないので会話が続きません(笑)

 

あと夜に限っては暗くて、ホント見えないんです。
下手したら、男か女かも分かりません。(それは言い過ぎかw)

 

お前が選ぶな!って話ですよね、すいませんw

 

そんなこんなで話しかけるのを躊躇してると、
見かねたセネガル人がこんな事を言ってきます。

 

【セネガルでナンパは簡単だ!なんでもいいから声をかけて】

 

ホントかよと思いつつ、セネガル人を見ていると、
友人のオマールはどんどん積極的に話しかけます。

 

 

ついにセネガルの女子大生をゲット!

メガネ売り場にいた、この女子大生2人組。

 

首都のダカールにある大学に通っている現役女子大生。

 

法律の勉強をしているそうです。

 

2人はキリスト教ということで今回このお祭りに参加しているみたいでした。

 

アフリカのナンパって、その後どうなるの!?

個人的にも気になっていたのは声をかけた後。

 

とりあえずみんなで飲みに行きました。

 

あ、ちなみにジュースですよ!(笑)

 

イスラム教はお酒飲まないんで、ジュースで乾杯です。

 

女の子2人は少し英語も出来るということで会話は英語。

 

そして会話を楽しみ、
深夜3時頃、女の子たちは寝るからと言って、
近くの宿舎に帰って行きました。

 

………………はい、現場からは以上です(笑)

 

ちょうど今はラマダンの時期で、
イスラム教は断食、スポーツ、音楽、
セック○、あらゆる娯楽は禁止されています。

 

ナンパはいいのかな?

 

しっかり連絡先は交換していました(笑)

 

ナンパの基準が分からないし、
僕が声をかけたわけじゃありませんが、
アフリカでこの体験は、なかなか貴重なものとなりましたー!

 

最後に

【検証!アフリカでナンパは楽勝】

アフリカと言っても、
国によっても人によっても変わってくると思いますが、
あなたもアフリカで、ナンパしてみてはいかがですか?

 

貴重な体験が出来るかもしれませんよー!

 

出会いは宝ですね!

 

最後まで読んで頂き、【チョルカ】です!

【チョルカ】⇒ありがとう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)