バリ島で絶対に行くべきオススメのビーチとレンボンガン島

バリから高速船で30分、すぐに行ける楽園リゾート

前回の記事では、バリでのボランティアのことを書きましたが、
今回は、観光について書きたいと思います。

 

私がバリ島へ行った目的は、ボランティアだったり、
バリの家族に会いに行くことだったので、
実は観光する気は全くありませんでした。

 

それに今回、バリへ行くのは4回目。

 

もうバリの有名な観光地は大体まわりました(笑)

 

1度目は、母親の誕生日プレゼントとして旅行で行ったとき。

2度目は、ボランティア&ホームステイ。

3度目も、ボランティア&ホームステイ。

この2度のボランティア&ホームステイで
合計1か月はバリにいたので、有名な観光地はもちろん、
地元の人が行くようなナイトマーケットや、
映画なども行く事が出来ました。
 

(ちなみに映画はインドネシア語で
吹き替えで英語でした)←わからない(笑)

 

そして4度目が今回。

 

なので、観光をする気は全くなかったんですが…

 

ボランティアしていた孤児院の当時大学生だった子が、
今は卒業してドライバーとして働いているので、
その子に空港へのピックアップや、
ガイドとして観光に連れていってとお願いしました。

 

そこの孤児院にボランティアに行ったときは、
まだ大学生だったのに今こうして、
しっかり仕事としてお金を渡すというのは、
感慨深いものがあります。

そして連れて行ってもらった、
バリ島のおすすめビーチがこちらっ!!

 

1つ目は、パンダワビーチ!

車で行くと、見えてきました!

 

上から見ると、こんな感じ。

早速、ビーチに行ってみましょう!

白い砂浜に、透き通った海。

 

写真じゃ伝えきれないのが残念です…(笑)

バリ島の中でもかなり綺麗なビーチなので、オススメです!

 

そして2つ目のオススメが、グリーンボール!!

グリーンボールは、ビーチに行くまでに
かなり長い階段を下りていきます。

この階段が結構急で、しかも長い…

ひたすら下っていくと…

おぉーーー見えてきました!!

 

行きにくい場所って、
たどり着いた時の達成感ハンパないですよね(笑)

 

グリーンボールも、パンダワに負けていない海の透明度です。

 

ビーチでのんびり過ごして…

はい、もちろん帰りは、
あの下ってきた階段を上っていきますよ(笑)

でも、階段を上り下りしても
行くだけの価値はあると思います!

 

ということで今回は、
パンダワビーチとグリーンボールに
連れていってもらいました!

 

孤児院を卒業した子が、
こうしてガイドしてくれるのは嬉しいですね。

 

この2つのビーチは、
バリ島の中でもかなり綺麗なビーチなのでオススメです。

 

ガイドしてくれた子は、
日本語を勉強したい、日本に行きたい!
と言っていました。

 

インドネシアは親日国家という事もあり、
日本語を勉強してる人は多いです。

 

特にバリは日本人にも人気の観光地ですよね。

 

観光は主な産業となっているので、
日本語を話せるというのは、1つのステータスになります。

 

しかし、最近は中国語を勉強してる人が増えてるそうです。

 

実際にバリに行って、
日本人も見かけましたが、何しろ中国人が多い(笑)

 

今回レンボンガン島へ行く時に、
フェリー乗り場で船を待っていたのですが、
後から来た団体の中国人が、
図々しく場所を占領していったんです。

 

私の隣にいた欧米人も、
さすがに困ったような迷惑そうな顔をして、
こっちを見て苦笑いしていました。

 

中国人のパワーすげーなと思っていたのですが…

 

観光客ではなくて、
そこで働いてるまた別の中国人に出会いました。

 

その中国人はすごく笑顔で、
日本に興味を持ってくれていて、
いろいろ話したんです。

 

その時に思ったんですが、
大げさじゃなくて、こういう1つの笑顔が、
1つの国を超えた繋がりが、世界平和に繋がっていくんだろうと、
繋がっていくべきなんだろうと。

 

最初に出会った中国人みたいに、迷惑行為をしてると、
どうしても中国へのイメージが悪くなってしまう…。

 

もちろん中国人にも
いろんな人がいると分かっていても、
そういうものなんですよね(笑)

 

自分が海外に出た時に、
「日本人として」良識のある行動を取りたいなと
海外に行く度に思います。

 

そして、どこの国へ行っても、
「日本人」というだけですごく歓迎されて喜んでくれる。

 

これは間違いなく、先人の人たちが、
そして今世界各国で、様々な活動をしてる
日本人のおかげなんですよね。

 

そんなこんなで、
フェリー乗り場でいろいろあったのですが、
いよいよ出発です!(笑)

 

あ、出発前に、

 

レンボンガン島ってどこにあるの?

レンボンガン島は、パリの真下にある島です。

 

レンボンガン島へは、船乗り場から高速船で約30分。

 

さぁ、いよいよ乗るフェリーが来ました!

乗る前に「酔い止め薬飲む?」とガイドに言われ…
えっ、そんな揺れるの!?と思いつつ、飲みませんでした。

 

その結果…結構酔いました(笑)

 

乗り物酔いする人は、念のため、
薬飲んだほうがいいかもしれないです。
(私は酔いやすいほうです)

 

レンボンガンでは、
バイクか車をチャーターして移動します。

 

坂道などもあったり
細い道や危険もあるため、
基本的には現地の人が運転します。

 

私は今回1人だったのでガイドさんと二人乗りでバイク。

運転してる風な写真を撮ってくれました!(笑)

 

2人組の観光客の場合は、
バイクで3人乗りするみたいですよ。

 

バリ島とはまた少し雰囲気の違う、
島独特の、のんびりした感じ。

あっ、バリ島も島かっ(笑)
でもなんとなく雰囲気が違うんです。

 

そんな島をバイクで走るのは
最高に気持ちいいーーー!!

途中、頭にモノを乗せながら、
バイクで走る強者を発見っ!!(笑)

そんなこんなで最初に着いたビーチが、こちら…

ジャンっ!!!

なにここ、天国。

 

真っ白な砂浜に青い海。

 

ちなみにこの後いろいろ回りますが、
なんだかんだここが一番感動したような気がします。

 

そして、シュノーケリングをする為に移動。

ここでは、シュノーケリングと人生初SUPをしました。

 

マングローブの中をボートで周遊してる人たちがいたので、
いいな~と思っていたら
なぜかボートではなく、SUPをやることに(笑)

海からマングローブへ行くので、
潮の流れなどもあり意外にコントロールが難しい…

 

ガイドはスイスイ先に行っちゃうし、
何度か落ちそうになったり(笑)

 

なんとか一度も落ちることなく出来ましたが、常に必死でしたw

 

「ここは下にウニがたくさんいるから
危ないから落ちないように気を付けて」

と、ガイドに言われると余計に落ちそうになったり(笑)

 

スマホを持っていけなかったので、
写真は撮っていませんが、マングローブの中は
時間が止まっているような静かな感じで、
大自然の中、めっちゃ癒されました。

 

そして、ランチタイム。

最高のロケーションなのですが、
ここで1人で食べるの寂しすぎますよね(笑)

 

カップルや夫婦、家族、友達で行く方はオススメです!

 

私のように1人でも全然気にしない!
って人にも、もちろんオススメですよ(笑)

 

昼食は、ミーゴレンを食べました!

ミーゴレンは、焼きそばのような感じで、
インドネシアの代表的な料理です。

 

ミーゴレン大好きなので、
バリに行ったらミーゴレンばっか食べてます(笑)

 

昼食を食べ終わり、

 

チェ二ガン島に移動。

チェ二ガン島は、
レンボンガンより更に小さい島です。

 

レンボンガンとは橋で繋がっています。

この途上国感、たまらないですね!(笑)

 

バイクで坂道を走り、たどり着いたのが…

 

ジャンっ!!!

もうこれは、
この世のものとは思えない美しさでした。
自然のパワーってホントすごいですね!

 

続いて向かった先は、こちら。

波が来るたびに、虹が出ます!

笑顔で優しい中国人担当の中国人ガイドさんと、
担当してくれた知り合いの友人のバリ人ガイド!

 

そして最後に行ったビーチが、こちら!

ここのビーチも、なかなかの透明度でした!

レンボンガンとチェ二ガンをまわっても日帰りで十分です。

 

でも島内にはもちろん、
ホテルもあるので1泊とかしたら、
もっとのんびり島を堪能出来ると思います。

 

帰りはフェリーに乗る為の、
ボートに乗る為、足場が悪い場所をひたすら歩きます(笑)

そしてボートに乗り込んで…

出発!!

 

フェリーに乗り込み座っていると、
「隣いいですか?」と話しかけられ1人の女性が。

 

いろいろ話していると、
インドネシア人の中国語ガイドさんでした。

 

中国語は独学で勉強したとのこと。

 

す、すげー(笑)

 

「思い出に写真撮ってもいいですか?」
と言われ、「もちろん」と承諾。

ちなみにこの日の夜…
ゲストハウスに戻り、
夜ご飯を買いにいこうとしてると大雨が…

 

仕方なくゲストハウスで売られていたカップラーメンを買い、
「お湯ありますか?」ってスタッフに聞いたら、
「作ってあげるよ」と言われ、
カップラーメンを作ってもらう、もうすぐ30歳(笑)

作ってもらったカップラーメンの味は最高でした!(笑)

また他の日は、
「ご飯食べた?」と話しかけられ、
「まだ食べてない」と答えると、
自分のご飯を分けてくれました(笑)

売りモノかと思ったら、なんと手作り!!

いつも思うけど、
貧しい国の人ほど当たり前に分け与えてくれる(笑)

 

他のスタッフとは、こんなやり取りが。

 

(肌が)「ホワイトだね」と言われたので、
「黒くなりたいけどなれないんだよ、
黒いのかっこよくていいよ」と返すと、
「いいだろ、黒いの気に入ってるよ」と。

またバリに来るときはここにおいでよ!
と言ってくれたので、またバリに行ったら遊びにいこうと思います。

 

今回の旅も、たくさんの人に出会い、
たくさんの景色を見て、
たくさんの事を感じた旅になりました。

 

肌の色なんて関係なく、
貧しかったらみんなで助け合って、
世界が今よりも、もっと平和になりますように。

 

パンダワビーチ

グリンボール

そしてバリ島からすぐに行ける、

レンボンガン島&チェ二ガン島

GWや夏休み、まだ予定決まってないって人は
候補に入れてみるのはどうでしょうか?

 

次回こそ、グリーンスクールと、
今度はコモド島に行きたいな~

 

以上、バリ島のおすすめビーチと、
バリ島からすぐ行けるレンボンガン島でした!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)