アフリカ大陸にあるケニアってどんな国?

たこやきマンがケニアへ行く

どーも、たこやきマンです!

今回はたこやきマンが最初に行く国になったケニアについて
ちょろっと紹介させて頂きます(笑)

ケニアはアフリカ大陸のここにあります。

 

 

ケニアは聞いたことがあるっていう人が多いんじゃないでしょうか?

 

私も、数年前アフリカのことを今よりもっと知らなかった頃は、
アフリカ=ケニアというくらい
ケニアは印象の強い国でした。

 

アフリカといったらエジプトでしょとか、モロッコでしょとか
人によって様々ですけどね(笑)

 

そのくらい印象の強い国だったので行く気はありませんでした。

 

えっ、なんで??

 

 

その疑問に、たこやきマンがお答えします(笑)

 

 

人がたくさん行ってるようなところや、
観光客が多いようなところは、あまり行きたいって思えないんですよね。

 

なんていうか…情報がありすぎると、
それだけで行った気になってしまうというか。

 

周りで誰も行った事がないとか、未知であればあるほど、
行ってみたい!という本能に掻き立てられるんです(笑)

 

逆に人から聞いて、行ってみたい!って思うこともありますけどね(笑)

 

個人的には、アフリカはアフリカでも比較的行ってる人が多い、
東アフリカよりも、西アフリカに興味があったりします。

 

世界一周をしてる人たちでも、東アフリカや南アフリカは行くけど、
西アフリカまで行く人は比較的少ないという話を聞きました。

 

 

西アフリカは、この辺りですね。
西アフリカは日本からも遠いです。
そこも非常に惹かれます。

 

なかなかイメージが沸かない。

 

行くのが大変。
情報も少ない。
だから行ってみよう!

 

っていう感じですね(笑)

 

とか言いながら、アフリカ2か国目が、ケニアになったんですけどね。

 

こういうのって何事も縁だと思うんです。

 

タイミングも、人との出会いも、自分の気分も(笑)

 

そこで!!

 

 

ケニアってどんな国?

あなたは、アフリカって全部で何か国あるか知ってますか?

 

正解は…54か国あります。

 

アフリカ!と言っても全部で、これだけの国があるんですね。
もちろん言語や文化、宗教も様々です。

 

これもアフリカ。

 

 

これもアフリカ。

 

これもアフリカです。

 

アフリカ=サバンナとか

アフリカ=貧困とか

アフリカ=テロ

だけじゃないんですよ!(笑)

 

以前、途上国の貧困改善の為の活動をされてる方の講演を聞きに行ったときに、
1分でアフリカの国を知ってる限り書き出して下さいと言われました。

 

私はGoogleマップを見て、どこの国行こうかなぁ~と考えるのが好きで、
電車の移動など暇さえあれば見てました。

 

 

めっちゃワクワクするんです(笑)

地図見てると。

 

アフリカ大陸も何十回、
いや何百回見たことか分かりません。

 

それでも半分くらいしか書き出せませんでした。

 

って、自分のバカさ加減がバレてしまいますね(笑)

 

それでもその会場の中では1番で、一瞬注目を浴び、
恥ずかしかったのを覚えてます(笑)

 

今回行くケニアは、アフリカの中でも東アフリカに位置しています。

 

昨年、西アフリカのセネガルに行ったときに、帰りの飛行機の乗り継ぎの
エチオピアで、日本人のおばちゃんたちに出会いました。

 

あれ、なんなんでしょうね?

 

日本人が少ない地域に行って、日本人に出会うと妙に安心感というか、
テンション上がるというか団結力が生まれるというか(笑)

 

空港移動のバスに乗っていたんですが、周りはアフリカ人か中国人ばかり。

 

そんな中、たまたま私のパスポートを見た、おばちゃんが、
「あら、あなたも日本人なの?」と話しかけてきました。

 

おばちゃんたちは、どうやらエチオピアのお隣、ケニアに旅行に行ってたみたいです。

 

サファリ良かったわよ~~~!!!
と興奮気味に話すおばちゃん。

 

そうケニア=サファリ
私も、そんな印象があります。

 

そのサファリの由来ですが…

 

なんと…ケニアで生まれたみたいです!

 

スワヒリ語で「旅」という意味みたいですね。

 

そんな昔からケニアは旅人にとって、魅力的な国だったわけです。

 

ちなみにケニアで画像検索してみると…

 

 

ケニアと言ったらマサイ族!

ケニア南部から、タンザニア北部一帯の先住民です。

 

 

マサイジャンプといって、誰よりも高く跳ぶ者に敬意を払うみたいですね。

セカイハヤッパリオモシロイ…

 

 

ケニアで話されてるスワヒリ語って??

基本的にどこの国でも、行く前に調べることってあまりないんですが、
現地の言葉の挨拶と、ありがとうくらいは調べるようにしています(笑)
 

ケニアの国語は、スワヒリ語。

公用語は英語とされてます。

 

でも英語よりも現地語で話しかけたほうが、反応がいいのは知ってます(笑)

 

日本に来てる外国人にも、THANK YOUと言われるよりも、
アリガトウと言われた方が、なんか嬉しいですよね。

 

スワヒリ語で、
こんにちは=ジャンボ!(jumbo)だそうです。

 

これは結構有名ですよね。

 

ジャンボ!ってなんか響きが可愛くないですか?(笑)

 

以前から使ってみたいと思ってたので、
ケニアに行ったら挨拶しまくろうと思います(笑)

 

ありがとう=アサンテ!(ASANTE)だそうです。

 

比較的、覚えやすそうですね。

 

他にもスワヒリ語について調べていたら、
いろいろオモシロイ発見があったんですが、
詳しく書くのは柄じゃないので、この辺にしときますね(笑)

 

興味ある方はネットで調べたら、いろいろ出てきますよー!(笑)

 

とりあえず、たこやきマンは、ジャンボ!とアサンテ!を手に入れた…。

 

これでレベル0からレベル0,5くらいになれたかな(笑)

 

 

冒頭に書かせて頂いた、ケニアについてちょろっと書きます!って、
想像以上にちょろっとでしたでしょうか?(笑)

 

行く前に、ああだこうだ調べるのはあまり好きじゃなくて、
ただ、めんどくさがりなだけ。

 

行ってみないと分からない!というタイプなので
今回は普段たこやきマンが海外に行く前に、リアルに
調べる最低限の、現地語の挨拶とありがとうに
ついて書かせて頂きました。

 

実際に行ったらもう少し深くリアルな各国の情報発信と共に、
たこやきマンの成長記録としても一緒に見届けてくれたら嬉しいです(笑)

 

さぁ!!!

ジャンボ!と、アサンテ!
を手に入れた、たこやきマンのケニア旅がはじまります!

 

ケニアでどんな出会いと出来事が待ってるんだろうか…

 

※写真は、ばあちゃん。たこやきマンではありません。

 

つづく…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)