アフリカケニアへ!たこやきマン初出動!

そうだ、ケニアへ行こう

どーも、たこやきマンです!

 

この前、たこやきマンTシャツが届いて、
テンションがあがったたこやきマンです!(笑)

 

届いたTシャツが、こちら…

ジャンっ!!!

いや~たったTシャツ1枚でも、
完成するまでには結構時間かかったし、
いろんな人に協力してもらいました。

 

世に出てるモノやサービスが、
出るまでにどれだけの時間と労力をかけて
出来上がってるんだろうなぁって感心しました(笑)

 

でも何もないところから、
こうして出来上がるっていうのは感慨深いですね。

 

愛着がわきます(笑)

 

自分1人だけではなく、
いろんな人の意見が1つになって形になるって嬉しいです。

 

前回の記事で、「たこやきマン!日本でも活動したい!」
って言っていたんですが、
いくつかの施設、児童養護施設に声をかけさせていただいたら…

 

「実現出来たら子ども達もすごく喜びそうですが、
衛生上の問題で、外部の方が調理するのは禁止してるんです」

 

と言われてしまいました。

 

まぁーそりゃあそうですよね。

 

今いろんな問題もありますし。

 

でもとりあえず準備が出来次第、
すぐに活動したいなって思ったので、
日本だろうと海外だろうとどこでもいいやと思い、
ある方に連絡させて頂きました!

 

その方は、今アフリカのケニアで青年海外協力隊として活動しています。

 

ケ、ケニア!?いきなりケニア!?

 

はい、フットワーク軽いんです(笑)

 

日本じゃなかったんかい。と思いましたか?

 

でもたこやきマンの目的は、
最終的には子ども達が笑顔になれる瞬間を増やしてあげること。

 

その一瞬のお手伝いが出来たらと思ってます。

だから、別にどこの国だっていいんです。

 

ところで青年海外協力隊ってなに?

日本国政府が行う政府開発援助の一環として、
外務省所管の独立行政法人国際協力機構です。

 

かたいかたい…要は海外でボランティアしてる人ですね!

 

↑省略しすぎ(笑)

 

分野はいろいろありますよ~。

 

コミニティ開発、行政サービス、
コンピューター技術、水質検査、廃棄物処理、
都市計画、農業、医療、エネルギー、商業観光、
青少年活動、環境教育、スポーツ、
幼児教育、音楽、体育、数学、理科、デザイン、社会福祉…などなど。

 

細かく書いたら書ききれないほどいろいろありますね。

 

私も中学生の時は、大人になったら先生になって、
協力隊として途上国の子ども達に関わるというのが夢でした。

 

そして現地の教師に指導出来るくらいになって、
学校や、その国の教育を支えていきたいと、
これはこれは大きな夢を抱いていました(笑)

 

ボランティアっていうけど青年海外協力隊って無償で行ってるの?

いいえ、協力隊はお金もらえます。

 

現地生活費、住居費、そして渡航するための旅行費、
宿泊費などはJICA負担になります。

 

更に、本邦支出対応手当というのがあるようで…
隊員が派遣中、日本に振り込まれるお金があります。

 

それが大体2年間で200万円くらいとのことです。

 

このお金は帰国後の新生活の準備や、
就職先探し、生活費などにあてられるみたいですよー。

 

税金の無駄使いと言われていたり、
そこまで想いがなくても、お金もらえて海外に住める!

 

と軽い気持ちで参加してる人も中にはいるみたいですね!

 

でも、もちろん現地の人の為に何かしたい!
とアツい想いを持って活動してる人たちもたくさんいます。

 

ボランティアや国際協力、国際開発に興味がある人は
選択肢の1つに入れてみるのもいいんじゃないでしょうか?

 

税金の無駄使いとも言われてる事に関して。

 

場所にもよると思いますけど、
途上国での活動ってなかなかハードですよ(笑)

そこで2年間、活動をやり遂げるってそう簡単に出来ることではないと思います。

 

個人的には、そんな過酷な環境の中でも現地の為にと本気で向き合い、
失敗しながら試行錯誤して活動しているその志こそが、
国の宝なんじゃないかなと思います。

 

最近の日本は不倫ニュースが多いですけど、ホント平和だな~って思います。

 

というか国として大丈夫なのか?!って心配になりますね。

 

って書きながら、国の心配する前にお前は自分の心配しろっ!って
自分でツッコミそうになりましたけど(笑)

 

まぁとにかく不倫ネタとか本当どうでもいいですよね。

 

そんな事してる暇あったら他にもっとすることあるんじゃないのかな?と思います。

 

って、話それました!

 

そんなことはおいといて(笑)

 

ケニアで活動している協力隊の德永さん。

德永さんが活動されてる学校は、ストリートチルドレンだったり、
家が貧しくて一般の養育費が出せない家庭、
軽犯罪を犯してしまった子ども達などが通える更生学校みたいです。

 

ケニア政府が建てたみたいですね。

 

私は、中学生の頃に「途上国の子ども達の為に何かしたい」と思ってから、
ずっと変わらずに、教育を受けることが出来ない子ども達の為に
学校を建てたいと思っていました。

 

なので、德永さんが活動されてる学校はめちゃくちゃ興味があります!

 

実は以前、ケニアに行こうとしていたんですが、
それが延期になってしまってました。

 

その時に德永さんにこんな事を言われました。

 

「お待ちしてますよ!家むちゃくちゃ広いんで
泊めることも全然可能なんで来ることがあったらどうぞ!」

 

良い人すぎるーーーーー!!!

 

そして、行くことが延期になったことを伝えると…

 

「ケニア今年は大統領選挙で
とても荒れていますので正解です!(笑)」
と…w

 

ちなみにケニアの渡航情報について、德永さんに聞いてみると…

 

「危ない危ない言われてますけど、どうなんですかね~
自分さえ気を付けていれば犯罪は防げるでしょ~って考えなんで。」

 

だそうです(笑)

 

私も、このくらいの色合いを見ても何とも思わなくなりました(笑)

 

いつ何が起こるか分からないのはどこにいても同じですからね。

 

その時はケニア行きは結局なくなり。。。

 

たこやきマンいよいよ出動しようー!と思って、
日本の施設にフラれた、たこやきマンは…
意気消沈…することもなく、

 

そうだ、アフリカへいこう!

と、そうだ京都へ行こう的なノリで、
当初もう少し先だったアフリカ行きを即決で決めました。

 

アフリカの中でも、どこの国に行こうかな~って考えてたんですが、
以前行くお話をしていたので、この機会にせっかくだから行かせて頂こうと
ケニアの德永さんに、たこやきマン企画を相談したら…

 

「なんすかこの企画
むっっっっっっちゃおもろそうですやん!(笑)
たこ焼きいいすね!!」

 

「僕の学校であれば大いに結構ですよ!!
僕の家は本当どんだけ泊まってくれても構いませんよー!」

 

って、マジでノリ良すぎる!!

 

こういうノリ良い人大好きです(笑)

 

そんなこんなで、たこやきマン初出動はアフリカ、ケニアになりました。

 

アフリカの子ども達とたこ焼き、楽しみだなーーー!!!

どんなリアクションされるのか(笑)

 

ところでケニアってどんな国なんだろう?(笑)

たこやきマンの旅が始まる…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)