頑張るパワーの源

子どもが自分にとっての頑張る活力

あなたは、自分が好きなものは
「これだっ!」ってハッキリ言えますか?
 

誰でも好きな事をしてる時や、
好きな人といる時は生き生きしますよね。
 

自分は、海外、旅行、自然、
星、空、砂漠、城などなど…
 

あとは「子どもが好き」です。
 

だから学校の先生になりたいと思ってました。
 

就活の時とか、自己分析しますよね?
 

「自分は何がしたいんだろう?」

「何が好きなんだろう?」
 

そんな時、真っ先に「子どもが好き」
「子どもと関わる仕事がしたい」と思っていました。
 

じゃあ、なんで子どもが好きなのか。

 

それはやっぱり小さい頃の経験から
きてるんじゃないかなと思います。
 

自分の幼少時代は、家庭環境の問題で
不安定な時期を過ごしていました。
 

そこから、

「子どもの気持ちに寄り添える大人になりたい」

「同じように困ってる子どもたちを救いたい」

と思うようになりました。
 

それに子どもってホント不思議なパワー持ってますよね。
 

こっちが教えられる事も気付かされる事も多いし、
頑張ろう!ってパワーをもらえます!
 

そんな頑張るパワーの源の存在。

 

小さい頃から可愛がってる友達の子どもがいます。
 


めっちゃいじめられてるw

 

どこか行く度に、真っ先にこの子達のお土産を見ますw
 

バリのお土産。

カナダのお土産。
 

この前は長女の○○ちゃんと
初めて二人で映画を観に行きました!
 

観たのはなんと…

 

プリキュアw
 


 

最初はウトウト寝ちゃってたんですが、
「ジュースちょうだい」と○○ちゃんが
言ってくる度に起こされ、
最終的には集中して見入って、感動しちゃうっていうw
 

あ、別に病んでないですよw
 

まだ3歳なのに、親がいなくても
すごくいい子でちゃんと言う事も聞くし。

 

きっと親の育て方が素晴らしいんでしょうねw
 

今年の春から幼稚園入園ってことで、
入園祝いに買ってあげました。
 


 

友達からは1個だけで!!
と言われてましたが、○○ちゃんは「これとこれが欲しい」と。
 

迷わず両方買いますよねw
育てる事には向いてないなって思いますw

 


 

これは代官山にある
<Villervalla ヴィッレヴァッラ>
というお店の洋服です。
 

日本初上陸で、スウェーデン人のオーナーが、
直接現地から買い付けてきてるらしいです。
 

オーナーは日本で別の仕事をしてるけど、
自分の子どもが産まれてから子供服に興味が出て
お店を出しちゃったみたいですよw
 

たまたま発見したお店で、ふらっと入ったら、
プレゼント選びに店員さんが丁寧に接客してくれました。
 

1時間くらい話して、選んでたんじゃないかなw
 

カラフルで可愛らしい洋服が多かったです!

 

あまり人と被りたくないって人にはオススメ!

 

あ、話し逸れましたが…(笑)

 

本当に子どもには元気や癒やしをもらえますよね。
 

スクスクのびのび育っていって欲しいなって思います!
 


 

 

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)