お世話になるアフリカ商会の山田さんに会った

最初に連絡を取ってから半年後に初会い

6月からアフリカのセネガルに行き、
アフリカ商会という会社で働かせてもらいます。

 

そのアフリカ商会の代表、山田さんが
日本に一時帰国中だったので、お会いしてきました。
 

山田さんが企画されてる飲み会に1人で参加したので、
人見知りの自分にとってはドキドキw
 

でも参加者同士は初めましての人も結構多くて、
いろいろな人がいてすごく刺激的でした。
 

山田さんとの出会い

山田さんとの出会いは、
2016年のバリ島ボランティアから帰国後、
「途上国の貧困問題改善」をキーワードに、
活動している会社、団体、人を探してる中で
たまたま「アフリカ商会」を発見しました。

 

すぐに連絡し、自分の想いをぶつけると…
 

「メッセージからとても熱い想いを感じました」
「特に持続可能なビジネスという点はとても共感です」

と言ってくださり、セネガルにいる山田さんとスカイプでお話する事に。
 

電話でもなんとなく山田さんの温かい
人柄は伝わってきていたのですが、今回実際にお会いして、
ホントに心が温かい人なんだろうなと感じました。
 

そして途上国でビジネスってきっと
大変な事ばかりだと思うけど、とにかくエネルギッシュ!!
 

自分がしたい事をしてる輝きの方がすごくて、
話していてすごいアツイ想いが伝わってきました。
 

自分自身は正直、ストリートチルドレンや
困ってる子どもたちがいる所ならどこでもいいと思っています。
 

今回アフリカに行くのも、ぶっちゃけ自分が行きたいからですw
 

今まで、東南アジアや北米、南米しか行った事がなく、
東南アジアの孤児院や小学校で活動する中で、
アフリカにはどんな子どもたちがいて、
どんな問題を抱えているんだろうと漠然と思ったんです。
 

それでも何かの縁があってセネガルに行く事になったと思うので、
セネガルは自分にとって思い出深い国の一つに
なるだろうと思っています。
 

3時間という短い時間の中で、1人1人の方と
ゆっくりお話する事が出来なかったのが残念ですが、

READYFORというクラウドファンディングの
会社の方にお会いし、自分の想い、
したい事を話したら、共感してくれ、

「もしクラウドファンディングする時は是非担当させて下さい」
という嬉しい事を言ってくれました。

 

お互いかなりアツくなって話してたと思います!

 

アツくなりすぎて、「俺なおきさん好きです」と(笑)

 

山田さんが席を移動して、
みんなのところをまわっていて、
ちょうど自分のところに来たのに、
アツく話しすぎて、山田さんは、

「またあとで来るわ、続き話してて」
と笑いながらどっか行っちゃいましたw

 

今回は山田さんに会う事が目的だったのに(笑)
 

でも自分がしたい事を話して、応援してくれたり
共感してくれるのって純粋に嬉しいですよね。
 

それも上辺の、どうでもいい応援じゃなくて、
みんな本気でしようとしていて、
それぞれが想いを持っている。

 

そんな人達と話す時間は、自分にとってとても貴重な時間になりました。

 

いろんな人との話や人生に触れる事によって、
自分自身も視野が広がるし、頑張ろう!って気持ちになる!
 

国際協力とか、国際問題っていうと
ハードルが高いように感じるけど、

自分みたいな学歴、語学力、専門性なしでも
想いを持って行動すれば形になっていくって事を、
これから実行していきたいし、
「大事なのはとにかく動くこと」
 

自分には、「無理だと思った事はない」なんて
かっこいい事は言えません。
何度も自分には無理だと思いました。
 

でもそれでも不思議と諦めようと
思った事もありませんでした。
 

きっとそれは、自分の原点でもある、

「途上国の子どもたちの為に何かしたい」

「途上国の子どもたちの居場所を作りたい」

という想いがあるから。
 

幼少時代、

「自分の居場所はない」

「自分は愛されていない」

と思っていた自分が、いろいろな壁にぶつかったり、
寄り道したり回り道しながらも、自分の人生を
諦めずちゃんと生きようと思えたのは、その都度、

「手を差し伸べてくれた人達がいたから」
自分の力ではなく、そんな温かい人達に
出会う事が出来たからだと思ってます。

 

だから今度は自分が
「当たり前に手を差し伸べる事ができる人間になりたい」
 


 

そして国際協力に関わらず、
想いを持った1人1人がどんなに小さな一歩でも
行動していくことが大事だし、

そういう人たちを応援していける
世の中になればいいなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)