死ぬまでに行きたい国

死ぬまでにしたい事を考えてみた

 

「死ぬまでに行きたい」

「死ぬまでに~~したい」

 

これってよく聞く言葉じゃないですか?

 

実際に海外好きな自分にも
「死ぬまでに行きたい国」
いくつかあります。

 

いや、いくつもあります(笑)

 

少しあげてみると空、星、海、砂漠などの
自然が好きなので、

 

・ウユニ塩湖(2月に行ってきました)

 

・マダガスカル(映画マダガスカルを見てw)

 

 

・モロッコ(サハラ砂漠)

 

・ナミビア(ナミブ砂漠)

 

・北欧(オーロラ)

 

などなど…

 

「死ぬまでに行きたいな~」

 

じゃあ、いつ死ぬの?って話ですよねwww

 

20代前半まではいつ死んでもいいや~
って思いながら生きてました。

 

それはいつ死んでもいいと思えるくらい、
人生充実してたわけではなくて、
いつ死んでもいいと思えるくらい
人生がつまらなかったからです。

 

でも20代半ばくらいから、
漠然と人っていつ死ぬか分からないよな~

 

それだったらいつ死んでも後悔しないように
行動しようと思い始めました。

 

じゃあどんなことを始めたのか

例えば親やばあちゃんに感謝の
気持ちを伝えたり行動で示したり、
会いたい友達に会ったり
感謝の気持ちを伝えたり…

 

なんだそんなことかと思いました?(笑)

 

すごくシンプルな事だしわざわざ
死を意識しなくても出来ることですよね。

 

でも自分にとってはすごく大事な事で、
死を意識しないとなかなか出来ていなかった
ことでもありました。

 

それは恥ずかしさもあるし、家族や友人がいること。

 

日本での生活。

 

これが「当たり前」と感じてしまっていたからです。

 

でも途上国といわれてるような国
に行くと日本での「当たり前」は
「当たり前」な事じゃないなって気付かされます。

 

毎日、ご飯が食べれてあたたかい布団で寝れて
家族や友人に会えて仕事があって…。
 

毎日の何気ない日常。

 

あげたらキリがないけど「当たり前」だと感じてたことは
何一つ「当たり前」じゃないなと思いました。

 

日本の便利さ、快適さは
世界でもトップクラスだと思うけど、
その一方で生きづらさも感じます。

 

大学に行ってみんな同じような格好して
就活して、社会人になる。

 

満員電車のみんなの顔。

 

もうイライラが表情から伝わってくる。

 

ドアが開いた瞬間に椅子取りゲームのように
ダッシュする大人たち。

 

あれ見るとホントこわいなって思う。

 

海外から帰ってくるたびに日本の電車に乗ると
ホントにお葬式みたいな雰囲気だなって感じます(笑)
 

この前こんな事がありました。
 

混雑の中、道を歩いてたら前にお年寄りがいて
歩くのがゆっくりだったので他の人に
押されないように何気なくおばあちゃんの
後ろを歩いてたらそれを押しよけて
ぶつかりながら行く人が結構いたんですよね。

 

おいおいそんなに急いでどこ行くの?

そんな険しい顔してどこ行くの?

 

でも悪いのはその人たちじゃなくて環境なんだなと思います。

 

別に良い人ぶるわけじゃなくて単純に
自分の家族や友人大切な人たちが
自分が知らないところでそんな扱いされてたら
嫌じゃないですか?

 

おばあちゃんっ子で育ってきたから
もし自分のばあちゃんが同じようにされてたら嫌だし

自分にとっては他人の道を歩いてる
そのおばあちゃんにだって大事な人たちがいて
そのおばあちゃんの事を大事に
想ってる人たちがいるわけです。

 

そう考えたら他人にでも優しく出来るのかなって思います。

 

昔はこんな事もありました。

 

大雪が降った日、出勤する為に家から
駅まで20分くらいの道を歩いていたら
滑るのが怖くて坂を渡れずに困ってるおばあさんがいました。

 

自分も遅刻ギリギリで急いでいたけど
放っておけずに「大丈夫ですか?」と声をかけると、

「あっちに渡りたいんだけど危ないし怖くて…。」と。

「運びますよ」と言ってバイクを運んであげると、

すごい笑顔で、
「ありがとう、助かりました」
と言ってくれました。

 

そういうのってこっちまで幸せな気持ちになれますよね。

 

結局遅刻もせずに出勤出来たのですが
その話を職場ですると

「いやいやそういう嘘いいから~」
と言われました。

 

冗談かもしれないけど結構真顔で(笑)

 

え?

 

困ってる人を助けてて遅刻したら、
怒られるの?

 

じゃあ困ってる人を無視して遅刻しなければいいの?

 

そんな会社、世の中だったらおかしいと思います。

 

何度も言いますが別に良い人ぶるわけじゃなくて
「困ってる人がいたら助ける」

 

それって普通のことだと思うんですよね。

 

少なくとも途上国ではそのあたたかさがたくさんありました。

 

 

自分はその途上国のあたたかさに助けられたから
恩返しがしたいって更に強く思ったんですけどね。

 

今まではいつ死んでもいいやって
思ってたのに、去年心臓の調子が悪くなった時に
「まだ死にたくない」って思ったのは

まだまだやりたい事、
自分の人生で成し遂げたい事があるから。

 

人間いつ死ぬかなんて分からないから、

・行きたいところには行く。

会いたい人には会う。

伝えたい事は伝える。

 

すごくシンプルだけど大事なことだと思います。

 

今1番行きたい国、マダガスカルには
いつ行こうかな~(笑)

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)