バリ観光   きんた

バリ観光
 

孤児院に行かない土日や夜には
ホストファザーがバリ中の観光に連れていってくれたり
買い物、映画、ラフティング、クラブなど
いろいろ体験させてくれました!

 

メジャーな観光地からマイナーなところまで。

 

その中でも1番気に入ったのはバリ島北東部にあるランプヤン寺院

 

 

ヒンドゥー寺院での参拝体験をしてきました。

 

 

ランプヤン寺院は別名天空の寺院とも呼ばれていて
標高1,000mにあり上まであがっていくとアグン山が同じ目線で見えます。

 

雲がかかっててちょうど見えないけど(笑)

 

 

静寂な雰囲気と寺院からアグン山を見渡せる
壮大な景色がものすごく神秘的な場所で
なんだか不思議な空間に包まれている。

 

そんな感じでした。

 

ちなみにこのランプヤン寺院には
腰巻のサロンを身に着けないと入れません。

※貸出してくれます

 

パワースポットとしても知られているランプヤン寺院。
オススメの場所です。

 

続いてキンタマーニ。

 

え?

 

キンタマ……ー二?!!

 

名前が日本人からしたら、え?!
ってちょっと笑っちゃう感じですが
景色は最高です!(笑)

 

 

ここもバリ島の北部にあります。

 

キンタマーニ高原とキンタマーニ湖からなる
景色は、圧巻の大自然で心を洗われました。

 

 

ちなみにキンタマーニはホームステイ先で一緒だった日本人の方の
知り合いのガイドさんが連れていってくれました。

 

日本人なみに日本語が上手です(笑)

 

 

 

バリ島の3代舞踊

バリ島には、レゴンダンス、バロンダンス
ケチャダンスと言われる3代バリ舞踊があるんですが
1番気に入ったのはケチャダンス。

 

ケチャダンスは、ウルワツ寺院というところで見れます。

 

インド洋を見下ろす雄大な景色とサンセット。

 

 

そんな景色の中で見るケチャダンスはバリ独自の歴史と伝統、
そして生命の力強さを感じました。

 

ちなみにウルワツ寺院は悪いサルがいることでも有名。

 

入る前には何も身に着けないでと言われ、ホストファザーからも
十分注意するように言われました。

 

実際には何も取られませんでしたが袋やお菓子、
なかにはサンダルなど取られてる人も結構多く見ました。

 

サルと闘うガイドさん(笑)

 

 

かなり凶暴なサルという感じ!
結構リアルに怖かった(笑)

 

アクティビティ

 

アクティビティで1番よかったのは
ラフティング!!

 

日本でもした事なくてバリ島で初体験だったのですが、
流れが早かったり、大きな岩があったり結構激しくてめっちゃスリリング!!

 

終始興奮しっぱなしで、
おぉーーーっって叫んでました(笑)

 

 

何より、大好きな大自然の中を時にはゆっくり進んでいくのは
リアルジャングルを冒険してる感じで、ワクワク、ドキドキ、感動しました。

 

 

ジンバランのビーチ。

 

ここは海のすぐ近く最高な景色の中でディナーを食べれます。

 

歌を歌ってるおっさん達が各テーブルをまわってきてリクエストに応えて歌も歌ってくれて、

 

ホント最高なシチュエーションなんですが、
ホストファザーは食べてる時はどこかに行ってしまい1人に…
 

あの状況の中1人で食べることほど寂しいものはなかったw

 

「次は彼女作って連れてきな、新婚旅行で来な」
と言われてしまいました(笑)

 

ちなみにジンバランのビーチで食事をしたのはバリ滞在中2回w

 

2回目に来た時は同じホームステイ先でインドネシア語や、
サーフィンをしに来てた同い年のまさと!

 

周りがカップルだらけの中
「なんかめっちゃ切ないね~」

 

周りを見て「いいな~」と言いながら二人で食べてましたw

 

シチュエーションは最高なのでカップルにはオススメです!

 

 

異文化交流

ホストファザーの知り合いのインターナショナルスクールの学長が
アメリカに帰るという事でパーティーに参加させてもらいました。

 

学長はすごく気さくな人で、英語も練習練習!とたくさん話してくれました!

 

やっぱり机上の勉強よりも実際に話すほうが
よっぽど勉強になるなと思います。

 

 

毎週火曜に行ってたホストファザーお気に入りのスカイガーデン!

 

 

クラブみたいな感じでバリの中心地クタにあるので
観光客もたくさんいました。

 

まさ、ホストファザー、不動産会社を経営してるロビーと。

 

観光で来ていたイギリス人と。

 

 

イギリスの物価の高さに驚いた…。

それにしてもイギリス英語が全く聞き取れなかった(笑)

 

ある日はホストファザーの知り合いが亡くなった
ということでお葬式にも参加させてくれました。

 

日本みたいな暗い雰囲気ではなく
お祭りのような感じでみんな明るく、
日本のお葬式とは全く違う雰囲気でした。

 

みんな集まって食事をするというような感じ。

 

 

全く知らない、しかも日本人の自分にも
みんな気さくに話してくれてものすごくあたたかさを感じました。

 

地元の床屋を体験

髪を切りたくて美容院に行きたいからホストファザーに
おすすめの場所を聞くと美容院は高いから(1000円くらいらしい)
近所の屋台がいいよと連れていかれたのは、
300円の床屋!!

 

バリは暑いので滞在中結構カットしてもらってました。

 

どんな感じになるのか不安だったけど、海外だしどうなってもいいや~って思ってたら…

 

パイナップルみたいな仕上がりにw

 

 

1ヶ月の滞在の中でメジャーな観光地からローカルなところまでこの他にも
たくさん連れていってもらったり経験させてくれて感謝です。

 

一般のバリ人の家に住んで生活して、日常を経験することで
ただの観光よりも深くバリを感じる事が出来ました。

 

バリは神々の島と言われるだけあって宗教をすごく重んじてて
お祈りを大事にしていたりゆっくりと時間が流れていて、
家族や人との繋がりも濃くとてもあたたかい国だなと思いました。

 

海外に行く度に日本のいいところ悪いところに改めて気付かされ、
本当の幸せってなんだろう?
と考えさせられるバリ滞在1ヶ月でした。

 

また来たい戻ってきたいと思える場所なので
いつか奥さんを連れていきたいと思います(笑)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)